即日安心カードローン > クレジットカードの現金化にご注意下さい

カードローン情報

クレジットカードの現金化にご注意下さい

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは?
クレジットカードには商品やサービスを購入して後払いにする「ショッピング」機能の枠と、カードを用いてお金を借り入れる「キャッシング」機能の枠があります。
クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、先ほどのショッピング枠を、現金を入手するためだけに利用することです。
クレジットカード会社はこのような使い方を利用規約違反としているため、利用者はクレジットカードの利用停止処分を受ける恐れがございます。

クレジットカードの現金化の仕組み
・「キャッシュバック方式」
あらかじめ90万円のキャッシュバックを約束された商品(例えばCD等)を現金化業者のホームページなどでクレジットカーを用いて100万円で購入します。
(その際、クレジットカード番号の他、住所や電話番号、口座番号を入力する場合が一般的です。)
購入後、現金化業者から90万円が利用者に振り込まれます。
そののちに、利用者に対してクレジットカード会社から100万円の請求がされます。

・「買取屋方式」
利用者は現金化業者から商品を100万円で購入します。
購入後、同じ業者が消費者から購入した商品を90万円で買取ます。
そののちに、利用者に対してクレジットカード会社から100万円の請求がされます。
どちらの場合でも、利用者に90万円の現金が入り、クレジットカード会社から100万円の請求が来ます。

クレジットカード現金化のデメリット
クレジットカードのショッピング枠現金化に対しての法的な規制はまだありませんが、クレジットカードの利用規約からは立派な違反です。
また「買取屋方式」については、業者側が法律に抵触する恐れもあります。
現金が手っ取り早く手にできることから広がったクレジットカードの現金化ですが、実際は現金を手にした後にクレジットカード会社からそれ以上の請求があります。
キャッシング枠を使いきってしまったからといって、ショッピング枠に手を出してしまう。
でもショッピング枠なら大丈夫とおもいきや、全然そうではありません。
ショッピング枠の請求が来た際に支払いが出来なかった場合、キャッシングよりも高い利息を支払わなければならない場合が多くあります。
(ショッピング枠は後払いという制度なのですから、支払いが出来なかった場合、非常に大きな代償を負わなければならなくなります。)
また現金化業者と利用者の間のトラブルも多く、
・現金化業者の勝手な理由により入金がされない
・後からのキャンセルができない(後から気がついても遅い)
などがあります。
※還元率に惑わされないように
97%還元などをうたって、利用を促す業者が多く存在します。
キャッシングの利息が20%位だとして、97%還元ということは利息はたったの3%で現金化のほうがお得では?と考えてしまう方も多いです。
しかし実際は、利用に3%取られたとに、もし翌月に利用分の金額を用意出来なかった場合、クレジットカード会社から「遅延損害金」が発生してしまい、これはキャッシングの利息よりもずっと高い場合が多いです。
その上、先ほどのデメリットが付きまとうので、利用は避けたほうがいいでしょう。

■SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

■レイクALSA

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。審査によりご希望に沿えない場合がございます。

【申し込み条件】
●極度額/1万円~500万円
●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%
●遅延損害金(年率)20.0%
●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
●返済期間・回数/最長8年・最大96回
●担保・保証人/不要
●要審査
●必要書類/運転免許証・※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)

【無利息の条件】
・レイクALSAに初めてお申し込み頂いた方が対象。
・初回契約翌日から60日間無利息。
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
・Webで申込いただき、契約額が1~200万円の方。